週刊少年 321

ど文系の営業マンが、仕事を辞めてセブ留学。日々感じた事、趣味の話も少々。

セブ留学する人は要注意!セブの洗濯(クリーニング)について

 

f:id:bz2010magic:20180812122545j:plain

こんにちは321です。

冬より、夏の方が好き。だって洗濯物がすぐ乾くから。

今回はセブ留学すると必ず使うであろう。セブのクリーニング事情について紹介します。

セブの洗濯事情

セブは一般家庭での洗濯機の普及率が大体2割程度(321の現地ヒアリング)です。なので、大抵のフィリピン人は洗濯機ではなく、手洗いします。デニムであろうと下着であろうとお構いなしです。手洗いしないとなると、クリーニングに出すしか選択肢はありません。(コインランドリーもあまりないです)色々なクリーニング店がありますが、Wash'n dryというクリーニング屋が一番見つけやすいと思います。

Wash'n dry

セブでチェーン展開しているクリーニング屋さんです。おそらくセブで最も有名かと思います。青い看板が目印です。

f:id:bz2010magic:20180812110449j:plain

少し調べただけで、これだけヒットするので実際に街を歩けばもっと見つかります。

f:id:bz2010magic:20180812120525p:plain

利用方法

メニュー表には色々書かれていますが、基本的に「レギュラー」「ラッシュ」の2つを選べば問題ないです。

 

「レギュラー」は注文から受け取りまで2〜3日かかるベーシックなコース

(1キロ:29ペソ)

「ラッシュ」は注文から受け取りまで当日〜1日というお急ぎコースみたいな感じです。(1キロ:60ペソ)

 

① 店内に入ると店員がコースを聞いてきますので、好みのコースを選びましょう。

② その後は洗濯物は秤に乗せて料金を決定

③ 金額と受け取り日が記載された紙を渡されるのでサインする。

(基本は後払いですが、先に払ってしまいたい人はこのタイミングで伝えるといいです)

④ 控えを受け取る。

※この控えをなくすと受け取れませんので、注意してください。

 

自分で洗濯しなくて良いので、とても便利だと思う方もいると思います。

しかし、セブのクリーニング店には不思議な事がたくさんありますので、注意してください。 

期日が守られない

受け取った控えに書かれている日に取りに行っても「まだできてないから夕方来て」と普通に言われます笑 しかし、このケースはまだいい方で「あー、明日に来て」と言われる事もあります。しかも、悪びれる様子が一切ない笑

さすが、フィリピンクオリティです! 

出したはずの洗濯物が帰ってこない

無事、受け取り中身を確認したら、出したはずの洗濯物が入ってない!!!!!

文句を言うと、探してくれるケースもあるのでここは『No!』と言える日本人になりましょう。ただ、相手は悪びれる様子は一切ありません笑

特に小さいもの(靴下、下着)は無くなる可能性が高いです。

無くなるケースもありますが、誰かの洗濯物が紛れ込んで逆に増えるケースもあります。 

猛烈に縮む

これマジです😓 (これのおかげで縮む = shrink を覚えました)洗濯の仕方も悪いですが、おそらく乾燥機を使っているのが一番の原因かと思われます。なので、ワンサイズは小さくなる事を覚悟して、留学に行く際はどうなっても構わない服を持って行く事をオススメします。それか現地でちょっと大きめのサイズを買うのも良いかと思います。

フィリピンで服を買うならPENSHOPPE(ペンショップ)がオススメです。

 

www.32inch.com

 

セブ留学される方は上記の事に気をつけて、留学生活をENJOYしてください😎